FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

基本的な考え方

アダルトサイトは大きく分けて2種類あります。

(1)有料の動画配信やDVD販売をしている商用サイト
(2)アフィリエイト収入を目当てにしたサイト


1のサイトは、ビジネスとしてやっていますので
信用を無くすようなことは基本的にしません。
つまり、おおむね安心してよいということです。
ただし、一見ちゃんとした商用アダルトサイトのようで
悪質なものも中にはあるので、そこらへんの見極めは必要です。

危ないのは2です。
至る所に外部サイトへのリンクが仕込まれていて、
ちょっとクリックすると怪しげな出会い系サイトに飛ばされたり、
法外な料金設定の動画サイトに迷い込んだりしてしまうものがあります。
つまり閲覧者の意思に反したリンクが張り巡らされているわけです。

単にサイトアクセスを増やすために相互リンクを張りあったり、
姉妹サイトへのリンクだったり、
それほど警戒することでもない場合もありますが、
閲覧者にきちんとリンク先を示さない隠しリンクは
ルール違反だとぼくは思います。

要するに『君子危うきに近寄らず』ということ。
まず、メインコンテンツへの入口のリンクが紛らわしいサイトは
立ち寄らない習慣をつけておくことをおすすめします。
他に、海外の(英語など外国語で書かれた)サイトは
できるだけやめときましょう。

なお、このブログにも多くのリンクがありますが、
全て優良サイトと評価されているサイトで、
きちんとリンク先も明記していますのでご安心下さい。

いきなり無料で無修正動画を見る!

追々紹介するつもりですが、アダルトサイトを楽しむためには
動画を再生するためのソフトやツールをいくつか揃える必要があります。
ところがサイトの中には、そういったツールがなくても
サイトに直接埋め込む「フラッシュ・ムービー」などで
サンプル動画が見れてしまうところもいくつかあります。

そういうサイトをひとつご紹介します。
「Jワイフパラダイス」という優良サイト。

下記に里中 亜矢子さんという人気熟女優の無修正動画ページに
いきなりリンクを張ります。
動画スペースの中央にサンプル動画の再生ボタンがあり、
そこをワンクリックするだけで見れちゃいます。
もしも、あなたがネットでの無修正動画を見るのが初めてだとしたら、
かなりの衝撃を受けると思います。
もちろん、この動画の閲覧は無料です。

里中 亜矢子の無修正動画サンプル

【注意】
再生ボタンをクリックする前に、動画スペースの右下隅にある
スピーカーのアイコンを1回クリックして音が出ないようにするのを忘れずに!
いきなり声が出てきちゃいますから。
アイコンが黒からグレーに変わればオッケーです。


だましリンクに引っかからない方法

「だましリンク」とは、そのサイトに示されているものと
実際のリンク先が違っているリンクテキストまたはリンク画像のことです。

アダルトサイトに「だましリンク」はあたりまえのようにありますが、
そんなに気にする程でもないものから、
悪質なサイトへリンクしているものまでいろいろな場合があります。
絶対ではありませんが、
かなりの確立でだましリンクに引っかからない方法をご紹介します。

まず、アダルトサイトにはサイトの一番最初に年齢認証の画面があります。
これは未成年者などがアダルトサイトを閲覧しないように
サイト運営者が自主的に設置した画面で、
通常、画面の一番下あたりに「ENTER」/「EXIT」、
「20歳以上」/「20歳未満」などといった
二者択一のリンクがあり、「ENTER」や「20歳以上」ならそのサイトの中へ、
「EXIT」や「20歳未満」ならYahooやGoogleなどに
リンクが張られていることが多いのですが、
そこが紛らわしい、つまり入り口がわかりにくいサイトは要注意。
普通は自分のサイトにどんどん来てほしいはずなのに
わざとわかりにくくしてあるというのは、
そこに何かたくらみがあるからです。
あまりにも入り口がわかりにくくつくってあるサイトは
閲覧しない方がいいでしょう。

※年齢認証のページは、未成年者などをブロックするためのものなのに
そのページにすでに未成年者に見せたくないもの
を含んでいる場合がほとんどです。
それじゃあ全く年齢認証の意味がないですよね。

次に、この図を見て下さい。このブログを例に説明します。
だましリンク

(1)の赤くしるしのついた部分。
ここにはそのサイトのURL(アドレス)が入りますよね?
そのURLのサイトが現在表示されているわけですが、
リンクテキストやボタンにマウスのポインタ(指先マーク)を合わせると、
(2)の部分(ステータスバーと言います)にそのリンク先URLが表示されます。
※中には表示されないようにしてあるサイトもありますが、
表示されないようわざわざソースコードを書き換えているんです。
表示されないということは、
運営者側に表示したくない理由があると考えて下さい。
つまり、サイト内にだましリンクがあるということです。

この(1)と(2)を見比べて、(1)と(2)のドメイン
(このサイトの場合なら「jukujoholic.blog89.fc2.com」)が違う場合、
そのリンク先は外部サイトへのリンクということになります。
通常同じサイトの場合、別のページへ移動してもドメインは変わりません。
※ドメイン以下のパス(URLの続き)は当然変わります

リンクテキストやボタンにマウスのポインタを合わせて、
(2)の部分のURLが明らかに外部サイトで、
そのリンクに書かれている内容と違う場合は
クリックしない方が賢明です。
もちろん、他サイトへのリンクであることが明記されている場合は別ですよ。
当ブログでも、外部優良サイトへのリンクがふんだんに張られていますが、
ちゃんとその旨、明記してありますから。

この方法を覚えておくと、まずだましリンクに引っかかることはありません。
ぜひ覚えておきましょう。

◎ランキング参加中。おひとつクリックお願いします!
 エログ-(エログランキング)

「ご登録ありがとうございました!」と出てしまったら

アダルトサイトを見ているうちに、
いつの間にかいろんなリンク先にどんどん飛ばされてしまい、
そのうち「ご登録ありがとうございました!」という画面が
出てきたことはありませんか?
実は、ぼくも以前は何度か経験しました。

その画面には「あなたは(見た記憶のない)当規約に同意され
・・・ご登録いただきました」
などと書かれており、あなたの利用プロバイダーのホスト名やIPアドレス、
さらに目立つように「○日以内に入会金○○○○円をご入金下さい」と
表示され、中にはごていねいに支払期限終了までの
タイマーまで表示されるものもあるようです。

こういう画面を初めて見ると、結構ビビリますよね。
でも、そこであわててはいけません。
まず落ち着いて下記の点を確認して下さい。

その画面が出てきた時点で

◆自分の名前や電話番号、メールアドレスなどは入力していないか?
◆そのサイト宛にメールを送信していないか?
◆そのサイト運営元に電話していないか?


全てNOなら、大丈夫です。無視して結構です。

大切なのは、あなた個人を特定する、
あるいは特定する重要な手がかりになる情報を
その悪質サイトに知られているかどうかです。
あなたの利用プロバイダーのホスト名やIPアドレスなどは
普段は見えませんが、インターネットを利用するために
実質オープンになっている情報ですし、
そこから個人を特定することはできませんので別に知られても平気です。
個人が特定できなければ請求できませんから。

じゃあ、もしもそれら個人情報を送信してしまった場合はどうするか?

ちょっとやっかいなことになる可能性があるので
知られてしまった自分の個人情報が何かを冷静に思い出し、
そのサイト名、URL、業者名等を控え、メールが来た場合は
そのメールなどを保全した上で
国民生活センターなどに
相談してみてはいかがでしょう?

個人的な考えですが、最終的に住所と名前が揃わないと
相手は何も強行できませんから
その両方が知られていない限り、無視できるような気がします。

あるいは、先の「ご登録ありがとうございました!」が出た時、
そのページに記載されている業者名やサイト名を
GoogleやYahooで検索してみてください。
おそらく、その悪質サイトに関する記事を見つけることができるでしょう。
その中から、対処方法に関するヒントが探せると思います。

とにかく、カード番号や個人を特定する情報を相手に与えないことが重要。

このポイントは迷惑メールでも同じで、
身に覚えのないところから届いた請求メールにヘタに返信したり、
記載されている電話番号に問い合わせ電話をかけたりすると
そのメールアドレスが生きていることやあなたの電話番号を
悪質業者に教えてしまうことになります。
ヤツらの最初の目的はそこなんです。

有料アダルトサイトの種類

一口に「無修正動画の有料アダルトサイト」と言っても
いくつか種類があります。
大きく分けると下記の3つに分類されます。

(1)ダウンロード販売(月極取り放題)
一番一般的なタイプ。月額の利用料金を支払って、
その間そのサイトから好きな動画を
無制限にダウンロードできるものが多いです。
ネットに接していられる時間が長く、
使っているPCのハードディスクが大きくないと
メリットが得られないこともあるので注意が必要です。

(2)ダウンロード販売(PPV)
PPVというのは(Pay Per View)の略で、
見た分だけを支払うという意味です。
つまり、作品をダウンロードした分だけ課金されるということ。
登録だけすれば、月々の会費は必要ないところがほどんど。
(1)に比べて割高に感じるかもしれませんが、
例えば、週末しかゆっくりPCにさわれないとかいう方には
逆にお得な場合もあります。

(3)DVD販売
無修正DVDの販売が許される海外からDVDを購入する方法。
時間や送料がかかる、家族がいる方だと受け取りづらいなど、
いろんなデメリットもありますが、
逆にそういうことにとらわれない人にとっては便利かもしれません。

このブログで紹介しているサイトは優良サイトとして有名なところなので
全く心配する必要はありませんが、
入会、購入する前にしくみをしっかりと理解しておくことが大切。
特に入会するタイプのサイトの場合、
必ず退会方法を事前に確認してください。

定額制とPPV

有料アダルトサイトの料金体系には『定額制とPPV』の2種類があります。
もうみなさんご存知だとは思いますが、
それぞれどういうシステムなのか、よく理解しておく必要があります。


◎定額制
文字通り一定期間の利用料金が定額で、その料金を支払えば
追加料金もなくその間動画をダウンロードし放題ということです。
1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月ぐらいに期間が分かれていて
長い期間の契約だと割安になるような料金設定が多いです。
注意しなくてはいけないのは、
ダウンロードし放題と言っても、
アクセス過多でトラフィックが重くなりすぎないように
1日のダウンロードが制限されているところも多く、
現実的ににダウンロードできる作品は1日に2~5本。
つまり、1ヶ月に60~150本程度です。

例えばぼくが思うに、一番熟女動画に特化していて
マニアックな作品が平均的に揃っていると思われる『熟女倶楽部』は
2010年11月28日現在、公開作品数が2301、
30日の会員料金が38ドルなので、
30日で30作品ダウンロードした場合、1作品あたり1.26ドル。
1ドル84円で計算すると、1作品106.3円ということになりますね。
とりあえず一番短い期間で入会してみて
いまいちだったらすぐに退会するのも手です。


◎PPV
PPVとは「Pay per View」の略で、見ただけ払いということです。
つまり、作品に価格が設定されていて、
その作品をダウンロードすると、
その作品の代金が単価請求されるというしくみで、
ほとんどの場合、ダウンロードしなければお金はかかりません。
ただし、1作品10~20ドルぐらいなので
定額制よりも割高感があります。
自分の好みに合った動画の多いサイトを常にチェックして、
どうしても見たいものだけをダウンロードするというやり方が
賢い使い方ではないでしょうか。

例えば『anan-av』などはスカトロやホモ、デブ専などの作品も多く、
熟女ものに特化しているわけではありませんが、
時々こんな掘り出し物があったりします。※これはおすすめですよ!

◎ランキング参加中。よかったらおひとつクリックお願いします!
 エログ-(エログランキング)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。