FC2ブログ




だましリンクに引っかからない方法

「だましリンク」とは、そのサイトに示されているものと
実際のリンク先が違っているリンクテキストまたはリンク画像のことです。

アダルトサイトに「だましリンク」はあたりまえのようにありますが、
そんなに気にする程でもないものから、
悪質なサイトへリンクしているものまでいろいろな場合があります。
絶対ではありませんが、
かなりの確立でだましリンクに引っかからない方法をご紹介します。

まず、アダルトサイトにはサイトの一番最初に年齢認証の画面があります。
これは未成年者などがアダルトサイトを閲覧しないように
サイト運営者が自主的に設置した画面で、
通常、画面の一番下あたりに「ENTER」/「EXIT」、
「20歳以上」/「20歳未満」などといった
二者択一のリンクがあり、「ENTER」や「20歳以上」ならそのサイトの中へ、
「EXIT」や「20歳未満」ならYahooやGoogleなどに
リンクが張られていることが多いのですが、
そこが紛らわしい、つまり入り口がわかりにくいサイトは要注意。
普通は自分のサイトにどんどん来てほしいはずなのに
わざとわかりにくくしてあるというのは、
そこに何かたくらみがあるからです。
あまりにも入り口がわかりにくくつくってあるサイトは
閲覧しない方がいいでしょう。

※年齢認証のページは、未成年者などをブロックするためのものなのに
そのページにすでに未成年者に見せたくないもの
を含んでいる場合がほとんどです。
それじゃあ全く年齢認証の意味がないですよね。

次に、この図を見て下さい。このブログを例に説明します。
だましリンク

(1)の赤くしるしのついた部分。
ここにはそのサイトのURL(アドレス)が入りますよね?
そのURLのサイトが現在表示されているわけですが、
リンクテキストやボタンにマウスのポインタ(指先マーク)を合わせると、
(2)の部分(ステータスバーと言います)にそのリンク先URLが表示されます。
※中には表示されないようにしてあるサイトもありますが、
表示されないようわざわざソースコードを書き換えているんです。
表示されないということは、
運営者側に表示したくない理由があると考えて下さい。
つまり、サイト内にだましリンクがあるということです。

この(1)と(2)を見比べて、(1)と(2)のドメイン
(このサイトの場合なら「jukujoholic.blog89.fc2.com」)が違う場合、
そのリンク先は外部サイトへのリンクということになります。
通常同じサイトの場合、別のページへ移動してもドメインは変わりません。
※ドメイン以下のパス(URLの続き)は当然変わります

リンクテキストやボタンにマウスのポインタを合わせて、
(2)の部分のURLが明らかに外部サイトで、
そのリンクに書かれている内容と違う場合は
クリックしない方が賢明です。
もちろん、他サイトへのリンクであることが明記されている場合は別ですよ。
当ブログでも、外部優良サイトへのリンクがふんだんに張られていますが、
ちゃんとその旨、明記してありますから。

この方法を覚えておくと、まずだましリンクに引っかかることはありません。
ぜひ覚えておきましょう。

◎ランキング参加中。おひとつクリックお願いします!
 エログ-(エログランキング)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する